|解体作業の流れ|

ケイコーポレーション 解体工事

Kei_Corporation

チェックお問い合わせフォーム」から

チェック ご相談を考えているお客様

まず工事の概要を大まかにお伝えください。お客様のご質問に出来る限りお答えしますが、「概算で費用はどれ位になりますか?」などのご要望にはお答え致しかねます。

現地にて物件の詳細情報をお伺いしてからでないと費用の算出が出来ませんのでご了承願います。

チェック 調査依頼をお引き受けいたします。

問題がなければ現地確認の依頼を賜りますので、立ち会い希望日があればお申し付けください。

また、現地確認に同席できない場合にも対応いたしますがこの場合、当日に現地から調査開始の電話をいたしますので必ず連絡が取れる状態で依頼してください。

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

外構工事
改行

ご依頼の流れ

1.お問い合わせ

「お問い合わせフォーム」からの受付は24時間対応しています。

フォーム内に必要事項を記入して送信してください。

どのような工事をお求めかご記入ください。簡単なイメージで結構です。

2.現地調査

施工条件によって費用は大きく変わってきます。

工事の総額を正確に見積りするには現地調査が必要不可欠です。

ご自宅や現地にお伺いし、ご希望の施工は可能かどうかお調べいたします。

主に、建物の構造と状態・近隣環境などの立地・搬入ルートの確認・境界線の確認・地中物の確認・整地後のご希望など・・・

お客様の施工プランに応じて、打ち合わせさせていただきます。

3.お見積もり

お客様のご希望施工プラン及び予算に応じた施工の提案をさせていただきます。

内容に応じ何通りかの「お見積書」を作成、後日メール、郵送などで送付いたします。

お見積もりは無料で行いますので、ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

4.契約

価格、施工内容に同意いただけましたら、書面(工事請負契約書)を持って契約を結びます。

同時に日程の打ち合わせ、ライフラインの撤去依頼と申請や解体方法についてご説明いたします。

5.届け出

建設リサイクル法により建築物の解体工事、床面積(80平方メートル以上)の場合、工事着工7日前までに分別解体等・再資源化等を届け出することが義務付けられています。

発注者に対し建築物等の構造、工事着手時期、分別解体等の計画等について、説明しなければなりません。知事(市長)への工事の事前届出(通知)を当方が管理し委任提出いたします。

6.挨拶

解体工事には、騒音・振動・粉塵など発生します。どんなに気を使って施工にあたっても避けられません。施工前に近隣住民の方へご挨拶に伺い、工事内容を周知し、ご協力をお願いしています。

ご希望であれば、お客様と一緒に近隣挨拶回りに同行いたしますのでお知らせください。

7.工事着工

工事の流れとしては、搬入ルートの確保 足場養生 建物内部の解体 建物本体の解体 廃材の分別・収集・搬出 基礎コンクリート撤去 整地、となります。

準備として、・残すもの・移動するものがある場合は目印をして明確にします。

詳しくは、施工前に解体方法についてご説明いたしますのでご安心ください。

8.工事完了

整地作業まで行い、重機を回送後、工事完了となります。

建物滅失登記の手続きが必要な解体工事には、「建物取壊証明書」を発行いたしますのでご安心ください。

改行